《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > コラム > タイツ先生の「考えて、感じる、野球」 > 第1回「タイミングのとれる選手、腰が引けて空振りをする選手。」

第1回「タイミングのとれる選手、腰が引けて空振りをする選手。」

「なんで そんなボール球に手を出すんだ⁉︎」と 監督の罵声が飛び交います。

ボール球に手を出し、へっぴり腰で空振りをした選手の心情は 「手を出したくて 出したんじゃないんだ。見逃し三振をしたら、凄く怒るくせに」と 絶対に言ってはいけない心の声は 情け無い自分自身の慰めになります。

殆どのアマチュア選手達は こんな経験をしているではないでしょうか。

これは 自分のタイミングで振り出せない 野球選手の運動神経です。

ピッチャーは バッターのタイミングを外そうとするので タイミングを外された事は バッターの負けです。
ですから タイミングが合って打てた事が 「ラッキー!」と思います。
「ラッキー」と思っている感覚があるうちは 自分のタイミングで 振り出せていません。

ピッチングマシンの一定のリズムの投球を いくら打てても、試合でのピッチャーのタイミングを外す投球に 合わせられなければいけないのです。

今回は タイミングをとれるバッターと タイミングがとれないバッターの 運動神経の違いを説明します。

そもそも 「バッティングのタイミングとは何か」という事を説明します。タイミングは 投球に対して 「 どこの身体の部位で スイングを始動させるか」という事です。

それは 2つの方法があります。タイミングがとれない選手は 腕の筋力でスイングを始動させます。

タイミングがとれる選手は 体重移動で スイングを始動させます。

写真①(文末にあります)をご覧ください。

腕の筋力で 腕を伸ばすように スイング始動をすると 両腕とバットの 重さと長さが 遠心力で身体から 離れていきます。

離れていく遠心力とバランスをとるように 身体を固めます。

腕を伸ばす事で 投球にインパクトしようとしているところに スライダーが来たとすると 腰を引いて 必死にインパクトしようとします。

これでは インパクトすることが 精いっぱいですね。 ヒットになりませんし、空振りをする可能性が大です。

写真②(文末にあります)いっぽう タイミングがとれるバッターというと 体重移動を始動で行うために 両方の股関節の脱力で スイングを始動します。

両方の股関節の脱力を だるま落としのように 股関節の力を抜いて 始動します。

そうすると 下半身は 脱力 即 地面反力で弾むように 動き出します。

だるま落としの効果と スーパーボールが弾むような弾力性で 下半身が始動します。

続いて 鳩尾(みぞおち)が ツイスト回旋します。

次に やっとこ 両腕とバットが始動します。

股関節の脱力と地面反力で下半身が始動して、鳩尾のツイスト回旋、両腕とバットの始動の時間差の動きが 投球のタイミングを外す動きに対応できるのです。

つまり 直球ならば時間差を そのままスイングさせて 変化球ならば 時間差の時間を 多く調整してスイングさせます。

腕でタイミングを計っているバッターは 自分のタイミングが外れたら インパクトできません。

一方 自分のタイミングで打てるバッターは 下半身から 鳩尾、両腕と 時間差で筋出力できる運動神経があるのです。

では 練習用の動画をご覧ください。

股関節の脱力の運動神経を 身につけます。

股関節の脱力を説明すると なかなか理解できない選手が 多いのですが、この脱力の運動神経は 台から 着地して その勢いを 利用してスイングできる運動神経と同じです。

ですから この練習は 小さな台(30センチくらい)の 台を使います。

バッティングのトップの形を作って そのトップをキープしたまま 台から着地します。

着地の衝撃を利用するように スイングをします。

この動きが できない選手は 着地の瞬間に 動きが止まります。

リラックスしながら 腕の筋力で出力させないように、ふあっとした感覚で 練習して下さい。

動画はこちらです。http://youtu.be/t-qlmxy1-2Y

①腕を振り出す
①-1.png

②時間差でインパクト
①-2.png

Baseball MAPSスーパーバイザー・吉澤 雅之(タイツ先生)

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png