《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > BaseballMAPSの先生一覧 > オブザーバー > 柿沼明彦(創価高校OB)

オブザーバー

柿沼 明彦 akihiko kakinuma

創価高校OB

僕がいた創価高校野球部では野球を通して人格形成をする、感性を磨くという目的があり野球も勿論ですが人として成長することができました。
例えばグラウンドや学校の教室や廊下などにゴミが落ちていたら拾う、スリッパなど乱れていたら並べる、挨拶は相手の正面に入ってする、授業は寝ないなど最初はこんなことして意味あるのかな?と感じながらやっていましたが、その小さなことに気づくことが野球でも相手やグラウンドコンディションや天候などといった小さな変化に気づくことにとても繋がると自身で感じ取り組んできました。
また、寮生活では自分で洗濯、掃除をやり中学校の頃まで親に任せっきりにしていたので親への感謝の気持ちがより一層強くなることができました。
高校生の方たちは毎日毎日練習で休みたい、野球を辞めたいと思う時もあると思います。しかしそこで誰のために何のために野球をやっているのか忘れず練習に取り組んでほしいと思います。
自分の立てた、チームで立てた目標を達成するには何が足りないのか、どうしたらいいのか、しっかり明確にして毎日の練習に取り組むことが大事だと思います。
また、自分一人ではここまで絶対に来れていません、親、監督、コーチ、応援してくださる方々、学校の先生、友達がいたから不自由なく野球ができていることを忘れないでほしいです。
苦しい時もあると思いますがこの経験があったから今がある、これを乗り越えたんだから絶対にこの壁も乗り越えられると思える高校生活にしてほしいです。

柿沼 明彦

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png