《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > BaseballMAPSの先生一覧 > オブザーバー > 中村将貴(関西高校OB)

オブザーバー

中村 将貴 masataka nakamura

関西高校OB

僕は、高校野球を通じて自分の体と向き合うことの大切さを学びました。

来る日も来る日もハードなトレーニングを乗り越える日々。これは発展途上の高校生には当たり前なことかと思います。誰もが目指してる甲子園で活躍するためにもっと上手くなるためにトレーニングをする。
体を酷使することは、自分の中の限界を突破して新たな自分を見いだすためには大切なことですが、その裏には、頑張ってくれている体があることを皆さんにも考えてほしいと思います。
自分も甲子園で活躍したいという一心でハードなメニューを課して一日一日を過ごしてきました。結果的に2年生の秋に体が悲鳴をあげ、野球ができない日々を半年以上過ごしました。高校野球の半年はかなりの時間だったように感じます。その時初めて自分の体と向き合った自分がいました。ケアの重要性です。ハードなメニューをこなした体は、それなりのダメージを受けています。自分の体と会話することによってもっと効率よく自分のプレーの幅を広げることができたのかなと今は思います。体を酷使することは、大事な時もありますが、しっかり自分と向き合って体を労りながら上手くなるということに目を向けてやっていってほしいと思います。最初は、難しいことかも知れませんが自分を知ると言う点でも今後に役立つことになると思います。

自分にとっては、高校時代の経験がいまの野球人生に生きて大きな怪我もなく自分の体と向き合って大好きな野球がいまもできています。
みなさんにも高校野球で終わりではなくもっともっと上の世界で活躍することを目標として描いて体を知るということと共に自分を知り成長していってほしいと思います。ハードなトレーニングは怪我と隣り合わせかもしれませんが、そこにケアの重要性をしっかりと付け加えて日々を過ごしてほしいなと思います!
すべては、大好きな野球を楽しく少しでも長く続けていけるために。

中村 将貴

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png