《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > BaseballMAPSの先生一覧 > オブザーバー > 綿引良宏(日立一高OB)

オブザーバー

綿引 良宏 yoshihiro watahiki

日立一高校OB

<高校野球の思い出>
私は日立一高校1年の夏の甲子園に出場し、ベスト16まで進出することができました。私の中では中学3年時に思い描いたイメージ通りことが進み、イメージを描くことの大切さを痛感しました。具体的には以下の通りです。中学3年夏、進学する高校を選ぶ際に、県ナンバー1クラスのピッチャーが2人以上いる高校で、早稲田慶応に進学できる学力のある学校を探し、選択しました。そして、1年からレギュラーになるために自分の名前を覚えてもらう目的で中学3年の冬休み、まだ受験前の高校に入れるかどうか決まっていない段階で、一人で高校の練習見学に行きました。監督にも名 前を覚えてもらい、入学後すぐにチャンスをもらえ、レギュラーになることができ、先輩2人のピッチャーの力で甲子園出場、ベスト16進出を果たしました。あまりにイメージ通りにことが進んでしまい、怖いくらいでした。
<高校球児へ>
高校野球は、短期決戦なので県トップレベルのピッチャーが2以上絶対に必要になってきます。ピッチャーの力が甲子園出場のウエイト8割くらいをしめると思います。甲子園出場のために自分でコントロールできることを探し、努力を続けることが大事だと思います。具体的には「下の学年の中学生で有望なピッチャーを自分たちでスカウトする」「自分達のチームのピッチャーを育てる:守備力、打撃で支援する。牽制のスキルを高める。配球を一緒に考 える」等。

綿引 良宏(日立一高OB)

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png