《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

スーパーバイザー

青松 敬鎔
keiyou aomatsu

元千葉ロッテマリーンズ捕手内野手

青松 敬鎔(あおまつ けいよう)1986年生まれ。京都府出身。上宮太子高校在学中には、春夏ともに、阪神甲子園球場での全国大会に出場できなかった。2004年のプロ野球ドラフト会議で、捕手として千葉ロッテマリーンズから7位で指名で入団した。背番号は63。上宮太子高校から直接NPBの球団へ入った選手は、青松が初めてであった。
2005年福岡ダイエーホークス時代に城島健司を指導した古賀英彦二軍ヘッドコーチから「(捕手として)城島を凌ぐセンスの持ち主」と評価されたが、一軍公式戦への出場機会はなかった。2006年2月26日に開かれた第1回WBC日本代表との練習試合で一塁を守ると、イースタン・リーグの公式戦では、一塁手として31試合、捕手として16試合に出場した。打率.257、4本塁打という成績を残したことから、9月19日に入団後初の出場選手登録。9月26日の対西武ライオンズ戦(インボイスSEIBUドーム)7回表に代打で一軍デビューを果たしたが、一軍公式戦で初安打を放つまでには至らなかった。シーズン終了後には、9年振りに再開されたハワイ・ウィンターリーグに派遣。2010年イースタン・リーグ公式戦78試合で、打率.259、8本塁打を記録するなど打撃が復調。シーズン当初は、主に一塁を守っていた。一軍正捕手・里崎智也の背筋痛で他の捕手が二軍から昇格したことや、二軍の正捕手だった金澤岳が故障したことを背景に、シーズン終盤からは二軍の正捕手に定着。チームの同リーグ優勝やファーム日本選手権制に貢献。2013年春季キャンプの直前に、登録ポジションを捕手から内野手へ変更。イースタン・リーグ公式戦では、76試合の出場で、打率.292、10本塁打を記録。さらに、サブローが7月31日に故障で離脱したことから、右の代打の切り札として、一軍昇格を果たした。翌8月1日の対北海道日本ハムファイターズ戦(QVCマリンフィールド)6回裏に代打で起用されると、適時二塁打を放ったことで一軍初安打・初打点を記録。8月3日の対オリックスバファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では、「6番・指名打者」として、一軍公式戦で初めてスタメンに起用。3安打を放って、自身初の猛打賞を記録した。シーズン通算では、一軍公式戦9試合に出場。打率.313、長打率.438、3打点という成績を残す。2015年イースタン・リーグ公式戦85試合に出場すると、15本塁打で本塁打王、打率.298で首位打者のタイトルを獲得した。一軍公式戦では、6月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)4回表に、石川雅規からの左越ソロ本塁打で一軍初本塁打を記録。2016年イースタン・リーグ公式戦では、チーム最多の115試合に出場。打率.278、13本塁打を記録したが、一軍公式戦への出場機会がないまま、退団する。


PIC000041.jpg

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png