《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

スーパーバイザー

松井 隆昌
takamasa matsui

元広島カープ、千葉ロッテマリーンズ捕手

松井 隆昌(まつい たかまさ)
1966年生まれ。福岡県出身。九産大九州高から八幡大学を経て、1988年オフにドラフト外で福岡ダイエーホークスに入団。翌1990年6月、榊原聡一郎・本村信吾との2対2の交換トレードで西清孝と共に広島東洋カープに移籍。広島では一軍公式戦に初出場。1992年オフに小早川幸二との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。1996年オフに自由契約となり、千葉ロッテマリーンズにテスト入団する。ロッテでは4試合の出場に終わり、1997年オフに自由契約となり、退団。1998年は台湾の統一ライオンズでプレーし、同年限りで現役引退。引退後は、翌1999年から2015年までロッテのブルペン捕手を務めた。その明るさと卓越した野球理論で、ブルペンのムードメーカーとして活躍。ロッテのリリーフ陣からは兄貴分として絶大な信頼を得ていた。2016年より、独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグの福島ホープスでベンチコーチを務める。同年退団。

植松優友

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png