《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

スーパーバイザー

仁志 敏久 toshihisa nishi

元読売ジャイアンツ・元横浜ベイスターズ内野手、現野球日本代表(侍ジャパン)内野守備走塁コーチ

1971年生まれ。茨城県出身。
常総学院高校では一年生からレギュラーを務め甲子園準優勝を含めて三年連続出場。
早稲田大学に進学し主将として活躍する。その後、日本生命を経て1995年のドラフト2位で読売ジャイアンツに入団する。原辰典の背番号8を引き継ぐ。ルーキーイヤーにはセリーグの新人王に輝く。日本シリーズでは優秀選手賞も受賞して日本一にも貢献する。四年連続でゴールデングラブ賞を受賞したりオールスターゲームにも出場するなど走攻守三拍子揃った名選手として球界に名を残す。現在は野球日本代表(侍ジャパン)の内野守備走塁コーチも務めている。論理的に確立された野球理論には定評がある。

仁志 敏久

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png