《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

スーパーバイザー

島村 安則 yasunori shimamura

整形外科スポーツドクター

岡山大学病院整形外科 上肢外科・上肢スポーツグループ所属
日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

野球を選手として大学時代では、含め東日本医科体育大会(東医体)で2回優勝。主将も務める。野球における上肢障害を中心に診療。小学生に生じる肘内側裂離骨折から、放置すると手術が必要になる「野球肘のガン」離断性骨軟骨炎(OCD)、多くの日本人メジャー投手が受けるいわゆる「トミージョン手術」など各種の治療をプロ野球選手をはじめ、社会人、高校~小学生に行う。
「いつも思うのですが、良い手術・リハビリを受けることはもちろん大事なのですが、最も重要なのは障害を起こさない事だ、ということです。そうはいうものの、普段の練習など頑張らなくてはならないので、なかなか障害『無し!』とはいきません。そこで『早期発見・早期治療介入』が必要です。そのためには野球「障害」に関する知識と、なりにくい身体づくりなど身につけていく事が必要になります。これらに関してお手伝いができればと思っております!」

島村 安則

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png