《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

スーパーバイザー

鈴木 健 ken suzuki

元西武ライオンズ、ヤクルトスワローズ内野手

鈴木健(鈴木健)元西武ライオンズ、東京ヤクルトスワローズ内野手。
1970年生まれ。埼玉県出身。
中学時代は越谷リトルシニアに所属し、浦和学院高校に進学。第68回甲子園では準決勝に進出。第69回甲子園では二回戦敗退。高校通算本塁打は83本。埼玉出身の強打者として鳴り物入りのドラフト1位で西武ライオンズに入団。2年目に一軍出場を果たし、その後は西武ライオンズの四番打者を務める。最高出塁率のタイトルやベストナインのタイトルを受賞する。長打力の持ち味はもちろん、選球眼やバッティングの巧さが光る。その後、東京ヤクルトスワローズに移籍する。三塁や一塁のレギュラーとして定着して、打率317、本塁打20本、95打点と自己最高の成績を残す。素晴らしい長打力と巧打を併せ持つスラッガーとして記憶に残る選手。

鈴木健

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png