《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > セミナー報告 > 2017年1月22日_第24回 野球の上達セミナー_セミナー報告

【セミナー報告】第24回 野球の上達セミナー

2017年1月22日(日)にBaseball MAPS主催の第24回野球の上達セミナーを開催しました。

DSC_3346.jpg左)三井浩二氏、右)高畑好秀氏
参加者は138名

1月22日(日)の午後4時~6時で、第24回目になる、ベースボールマップス主催の『野球の上達セミナー』を開催しました。場所は桐朋高校。寒さもあり今回は屋内で行いました。

今回は元埼玉西武ライオンズの投手で、先発、中継ぎで活躍した三井浩二氏を迎えて行いました。
最初の一時間は、投手、野手合同で、投手から見た打ち取りやすい打者、打ち取りにくい打者。投手から見た打者のタイプ別の攻め方や配球。様々な状況で打者に向き合う時の投手心理や考え方など。投手目線からの打者についてお話を進めていきました。打者にも参考になる内容でした。

残りの一時間は、投手と野手に分かれました。
投手陣は三井氏の投球における技術的な話に特化していきました。
野手陣はメンタルコーチの高畑好秀氏の話を聞く形で進めました。三井氏は現在、野球を指導されている理論派です。またプロ野球やメジャーリーグの解説でも理論的と定評があります。投球動作における身体の使い方やコツ、さらには投球技術を高める練習法なども理論的に、かつ実践的にお伝えしていきました。

高畑氏の野手グループは二時間座って話を聞くのは辛いので、『バッティング時に最大出力を発揮するためのボディイメージの作り方』というテーマで足裏、膝、股関節、骨盤、腹筋背筋、腕、手の平などを二人組で動きチェックし合いながら、最大出力を出せるボディイメージを作り上げていきます。そしてそのボディイメージに応じた効果的なバッティングのイメージに繋げていきました。これは千葉ロッテマリーンズの選手のみんなにも伝えて、実践させた方法になります。


頭の柔軟性は大切。自分のプレーにこだわりを持つのはいい。しかし頑固に固執して他からのアドバイスや情報を拒否してしまったら、プレーの進化は止まってしまう。素直さと優柔不断は違う。素直さとは、頭の柔軟性。あらゆる情報を迷わずに、考えることで自分の中に消化していけること。さらなる進化!進化!そのためには今の自分だけの狭い世界を打ち破っていかなくてはならない。狭い世界の中だけで自分はこれでいいんだと決めてしまってはもったいない。自分で可能性を閉ざしてしまうことになる。知ることを恐れず、知って迷わず、知ることで自分の可能性をまだまだ広げていくこと。知ることは財産。

DSC_3470.jpg
集合写真

DSC_3350.jpgDSC_3366.jpgDSC_3370.jpgDSC_3372.jpgDSC_3380.jpgDSC_3385.jpgDSC_3405.jpgDSC_3410.jpgDSC_3438.jpgDSC_3436.jpgDSC_3448.jpgDSC_3442.jpg

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png