《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > セミナー報告 > 2017年5月27日_第28回 野球の上達セミナー_セミナー報告

【セミナー報告】第28回 野球の上達セミナー

2017年5月27日(土)にBaseball MAPS主催の第28回野球の上達セミナーを開催しました。

DSC_3929.jpg
参加者は144名

5月27日(土)の午後6時(30分はキャッチャーのみ)、6時30分~8時30分で、第28回目になる、ベースボールマップス主催の『野球の上達セミナー』を開催しました。場所は桐朋高校のグラウンド。

今回は千葉ロッテマリーンズに捕手として入団して、途中から捕手と並行して内野手も務めた青松敬侑氏をお迎えして行いました。6時より30分間は捕手だけのキャッチング技術やブロッキング技術、スローイング技術などを伝えてもらいました。

6時30分からは、全体で『バッティングにおける自分の克服したい弱点や課題に対しての問題点別のアイデア練習法』と題して進めていきました。学校に身近にある様々な道具を利用して、個々の選手のバッティングの課題を克服するための練習法をご紹介していきました。青松氏は現役の時からロッテの中でも若手に対しての指導的な役割も果たしていて、理論的にも分かりやすいとの若手選手達の評価が多くありました。またアイデアマンであり、様々な練習の意味や工夫を重ねてきました。それを活かして課題別にどんなアイデア練習法があるかを具体的な方法で紹介していきました。

青松氏いわく、「課題を克服するという明確な意識を持てれば一ヶ月本気で取り組めば、かなり克服できますよ!」とのこと。だからこそ、克服するための具体的な方法が必要になります。

青松さんのお話の合間、合間にメンタルトレーナー高畑がメンタルに関する個別相談とアドバイスをしていきました。

早いもので、もう5月です。あっ!という間に時間は過ぎてしまいます。夏の大会に向けて、自分の課題を克服して臨んでもらいたいと考えます。もう、時間があまりないから無理…ではなく、青松氏の言葉にもあった明確な意識を持って、適切な練習法に取り組めば、まだまだ克服していけるんだ!という気持ちで日々取り組んでいければ可能性は広がります。諦めではなく、最後まで足掻いてほしいと思います。最後の最後まで何とかして可能性の風穴を開けていこうとする姿勢は、同時に試合の場面でも出てくるはずです。

DSC_3936.jpg
集合写真

DSC_3915.jpgDSC_3920.jpgDSC_3921.jpgDSC_3922.jpgDSC_3924.jpgDSC_3926.jpgDSC_3928.jpgDSC_3932.jpgDSC_3934.jpg

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png