《Baseball MAPSセミナーの開催情報》

HOME > セミナー報告 > 2018年12月22日_第47回 野球の上達セミナー_セミナー報告

【セミナー報告】第47回 野球の上達セミナー

2018年12月22日(土)にBaseball MAPS主催の第47回野球の上達セミナーを開催しました。

DSC_0177.jpg左)高畑好秀氏、右)植松優友氏
参加者は108名

12月22日(土)の15時~17時で、第47回目になる、ベースボールマップス主催の『野球の上達セミナー』を開催しました。場所は国立市にある桐朋高校。

今回も前々回、前回に引き続き、元千葉ロッテマリーンズの植松優友氏にお願いしました。植松氏には『伸びのあるボールを投げる技術のコツと身体の使い方~その3~』と『バッティング上達のためのコツ』いうテーマでお話をしてもらいました。強くて伸びのあるボールを投げる正しい身体の使い方と、バッティングの身体の使い方には共通している部分も多く、前回に引き続き、ボールの投げ方の第3段と併せて、バッティングをさらに上達させていくための身体の使い方のコツをお伝えしていきました。素晴らしい投手は、素晴らしい身体の使い方ができているからこそ、打者としてと素晴らしいのだと植松氏は話します。そのための練習法などもお伝えしていきました。

メンタル部分に関しての選手の相談事については、千葉ロッテマリーンズのメンタルコーチを務められた高畑好秀氏へのメンタル面に関する質問を受け付けていきました。

やれるかどうかを考える前に大切なのはやりたいかどうか。やりたいかどうかは心が求めるもの。やれるかどうかは、やるための手段。心が強く求めるならやると決めればいい。やる!と決めれば、できるようになるための手段を考えて地道にやり続けていけばいい。頭の前に心の声に素直に耳を傾けてみる。頭で考えてしまうと、難しそうだから…不可能だから…やり方が分からないから…失敗するかもしれないから…と一歩も進んでいけなくなってしまう。心で求めるものに蓋をして見ないように見ないようにして生きていかなくてはならなくなってしまう。正解か不正解か、成功か失敗かではなく、心はそれをやりたいと欲しているなら自分自身のためにも、一度きりの人生を挑戦していってみるのも人生の豊かさのような気がする。やりたいことをやれる人生を選択できるような生き方。頭はそれを実現するための手段を考えるために使っていけばいいように感じている。大切なのはやる前から頭の中でブレーキばかりかけないことかもしれない。

DSC_0179.jpgDSC_0193.jpgDSC_0180.jpgDSC_0201.jpgDSC_0215.jpgDSC_0232.jpg

スクリーンショット 2015-03-25 18.39.47.png

スクリーンショット 2015-03-24 18.05.54.png

sign.png